思春期の子どもとその親の接点をもっと増やそう

親たちは学校任せで、家庭内の性教育はやりたがらない

しかし、こういった話を聞くと、少しホッとする。いま性教育の考え方、進め方などをめぐって、例えば「保守派、革新派」、「積極派、消極派」などといったレッテル張りが一部で行われているとも聞く。マスコミにも責任はあるが、悲しむべきことだと思う。もし、子どもたちをそっちのけにして、関係老らが主導権争いをしようとするなら、当の子どもたちはもちろん、世間の親たちからも見はなされることだろう。私がここでいいたいのは、ひとつのことばの持つ意味、その重さだ。

そして、本当に子どもたちを性教育の主役、主人公として考えているのか、ということ。私たち大人は、どうもそのへんのところがあいまいなような気がする。時代の流れというものも、もちろんあると思う。が、ただ時代に流される、または合わせるというのではなく、もっと主体的に、子どもにかかわっていく大人になる必要があるのではないだろうか。抽象的な表現になってしまった。このあとで、親たちの声も聞いていただくが、耳を傾ければ傾けるほど、私にはどうも「学校まかせ、先生まかせ、世間の動きまかせ」がすぎるのではないか、と思えてならない。

「不純異性交遊」ということばひとつにも、いろいろな人たちの考え方や若者への見方、時代認識など、さまざまな価値観が交錯、火花を散らしたことがわかる。このことばがつくり出され、そして消え去るまでのいきさつは、私にはとてもささいなことだとは思えない。このあたりにも、「性教育」というものの奥行きの深さ、広さを感じる。自慰、受験前はダメ?元中学校教師で、定年退職したあと、滋賀大学などの講師をしている君和田和一さんは、性教育についての、先生や保護者たちからの疑問や不安を書き出してみた。
私は今までに五回ほど宇都宮でデリヘル嬢を頼んだことがあります。自宅という慣れ親しんだ場所に、普段なかなか接することの出来ないような若い女性を招き入れて、刺激的で快適な時間を過ごせました。
週に1回くらい池袋西口の風俗に行くというのは、ペースが速いということを友達からは言われていますが、わたし自身の感覚としてはもっと行ってもいいくらいだなと感じるくらいはまっています。
人妻が専門の栃木のデリヘルマダムで35歳の女性を指名してみたら、ミニマムで緊張しきった女性がやってきました。こちらからアプローチして服を脱がして貧乳を可愛がってあげてたっぷり逝かせました。
この前、会社の出張で先輩とビジネスホテルに宿泊していたのですがデリヘル五反田の子を呼ぶっていうので自分も呼んでみたら可愛らしい身長150cm位の子がきて、こんな事やっていいのかと申し訳ない気分になってしまいました。
毎日の生活に疲れてしまったときには、大人の群馬デリヘル店で女の子を家に呼んで頑張ろうという気持ちを高めるようにしています。やはり女の子と関係をもつというのは男性の大きなパワーになります。


熱心な数人の先生方が中心になって、どうにか性教育を進めている、という学校の方が圧倒的に多いようだ。なかには「うちは、これから……」という学校もある。しかし、小学校の学習指導要領が改訂されたのにともない、これまで以上に、「性」についての学習に取り組まなければならなくなったのも事実だ。

あまり乗り気でなかった学校(校長、教頭)も、急いで研修を始めるなど、学校現場はあわただしさを増している。「性教育」はこれまで、養護教諭が中心になって進めてきた感があるが、92年度からは、学級担任が前面に出て教えることになった。これまでは「ぼくはどうも苦手や。養護の先生か、女の先生がやってくれたらいいんだ」といっていた男の先生たちも、もう逃げられなくなった。

新着記事
2013/09/17 注目情報を更新しました。
2013/09/13 新着記事を更新しました。
2013/09/12 親と子の接点を更新しました。
2013/09/09 家庭での性教育を更新しました。
2013/09/07 女性からの質問を更新しました。
2013/09/05 親たちの悩みを更新しました。
2013/09/04 親たちは学校任せで、家庭内の性教育はやりたがらないを更新しました。
2013/09/01 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
ビッグデザイア東京風俗情報アット風俗
各エリアから届いたホットな情報をダイジェストで配信!東京都内の優良フーゾクを見やすく完全網羅!風俗情報やニュースサイトまで幅広くご紹介する、総合風俗サイトです。